こんばんは、Killerです。



自分のブログも運営を始めてから3年近く経とうとし、

情報商材の批評やレビューを通じて、“確かなノウハウ”と“原理原則の重要性”について

ひたすら説いてきました。




ネットビジネスは初心者さんからすると、どうしても未知の分野なので、

憶測で作業を進めがちになりますし、

何を判断基準にして商材を選べばいいか、また

どういうやり方が稼ぎに直結するのか分からないものです。




そういう人というのは、


・なんとなくブログを開設して記事更新をする人
・規約にすぐ引っかかる小手先の稼ぎ方しかしていない人
・ルール化ができていなく、感情に振り回されたトレードをしている人
・世間からの需要がないのに、自分の好きな情報発信ばかりしている人
・マニュアル主義に陥って状況に応じた作業ができない人




などが当てはまり、

「自分の考え」で、「自分の知識」だけに頼り、

周りが見れないままビジネスを進めているんですね。




教材などで基本やテクニックを勉強したとしても、

結局は自分の視点でなんとなーくでやっていたり、

「自分はこう思う」と無意識のうちに変なプライドが出て

勝手に方向がずれていることが多いんです。





例えば、スマホアプリを作成し広告収入を得ていくアプリビジネスにおいては、

・ダウンロードされやすいテーマ
・アプリの利用頻度が高い内容

でアプリ構築するのが定石なんですが、

自分の得意ジャンルのアプリしか作らなかったり、

ライバルが多いキーワードテーマを選んでいる人もいますし、


サイト系のアフィリエイトだと、

検索ボリュームのある「トレンド性」の高いテーマで記事作成を進めるべきところを

今頃になって旬が過ぎたキーワードを用いている人だっています。



そういった“ズレた作業”というのは途中で自分で気付ければいいんですけど、

たいていは気づくことなく、「何がいけないのかが分からない」状態に陥ります。





一番は自分のメンター(師匠)に見てもらうのがいいんですけど、

自分ひとりで作業に取り組んでいるケースが多いと思いますので、

“迷子”から脱却するためにどうすればいいか、

重要なポイントをお話しましょう。




常にリサーチを続けているからこそ成功できる。





「なんでKillerさんが作ったサイトとかSNSはそんなにウケが良いんですか?

頑張ってたくさん作っているのに、

全然ユーザーから反応ないんですけど」



と時々質問がきます。



実は、僕も初めから「こうすれば良い」という明確な答えを持っているわけでなく、

どの内容で記事更新すればいいか分からないときもありますし、

最終的なゴールもイメージできないことが多いです。




ただ僕は憶測で作業を進めることは一切せずに、

同じビジネスモデルで成功しているアカウントや事例を観察し、

ひたすら「リサーチ」を繰り返します。




・どういう書き方がユーザーから反応が取れるのか。

・どんな商品案件が売れやすいのか。

・どういうデザイン構成、コンテンツ構成にすれば、ユーザーの巡回率が上がるか。

・最初は何を狙い、途中でどんな要素を取り入れ、最後はどういう方向でもっていくか。



など、その成功例から“必要データ”をとにかく吸収し、

それらデータを元に作業の設計図を組み立てていくのです。




ツイッターであれば、「ついっぷるトレンド」という

今ツイッターで話題になっているツイートをまとめてくれているサイトを見ると、

ツイッターユーザーの空気感を確認できたり、

どんなつぶやき方が反応が取りやすいか理解できます。


https://tr.twipple.jp/




キュレーションサイトやまとめサイトであれば

同じようなテーマの他サイトを閲覧し、

アクセスが集まっている記事を読んでそのままパクってきたり、

相互紹介をしているサイトを見て

同じように自分も相互申請をかけます。



まとめサイトを色々紹介している「アンテナサイト」も参考にして

どういう形式のまとめ方が人気なのか見てみるのもいいですね。



PPCアフィリエイトなどの広告ビジネスだと、

どういうキーワードとどんな説明文で広告出稿すれば、広告効果が高いか調べたり、

既にそのPPCアフィリエイトで稼いでいる人に

稼げる商品データや広告情報をそのまま聞くのが有効です。


カンニングデータを予め使用してPPCアフィリエイトで稼ぐ方法



株式投資やFXなどのトレード全般であれば、

過去のチャートを必ず分析して、

ローソク足や指標がどう変化したらチャートが動くか

その“傾向性”を納得できるまで絶対にトレードしません。




こうしたリサーチを日々しておけば、

必然と稼ぐうえで必要になるポイントや原理原則を理解できるようになるし、

今やってるこの作業は意味ないなーと感覚的に分かるようにもなります。




結局変化に対応できた人間だけが生き残る





実際にネットビジネスで成功し、

成果を出し続けている今でも、僕は毎日1時間ほどはリサーチの時間に費やしますし、

リサーチこそが収益の鍵を握るとさえ考えています。



「リサーチなんて毎回やるのダルいから

もっと安定的で間違えのないノウハウを教えてください」


そう言って安定感ばかり求める人が多いですが、

結局のところノウハウというのは水物で、

プラットフォームの規約が変われば一瞬にしてダメになることがありますし、

強力なライバルが現れれば、自分の既得権益が

一瞬にして脅かされることだってあります。





あるとき急にアドセンスの報酬単価が下がり、

収入が激減したとか、

こないだまでトレーディングカード転売でこれだけ稼げていたのに

目を付けた出品者が増えて全然利益が取れなくなったなどはよく聞く話です。



ツイッターもインスタもフェイスブックも「規約」というものがあり、

ヤフーやグーグルなどの検索エンジンも「アルゴリズム」というのがあります。




ネットビジネスの世界は変動するのが“当たり前”なんですから

その当たり前の変動に、日々付いていくのが

最も安定的な稼ぎ方だと僕は思うんですよね。





逆にほとんどのプレイヤーは変化に対応できないし、

付いていこうとも思っていないので、

ここで置き去りにするチャンスですし、

今ある自分の常識を捨てて新しい要素を取り入れることこそが

大きく成功する一番の秘訣というわけです。




リサーチというのはこのように、

稼げるデータと要素を吸収する以外にも

変化に対応するための「手段」でもあるので

面倒くさがらずにしっかりやっていきましょう!



それでは今日はこの辺で!



そうそう、アプリビジネスでリサーチを怠ることなく、

本質を追求して成功した、とある主婦の事例について

下記の記事に綴りました。

アプリビジネス商材「アプリ塾」実践者である主婦の事例とビジネスの“動かし方”について



参考にしてみてくださいね。


連絡は下記のメールアドレスよりお願いします。

ご連絡はこちら
info@kille-info.com