こんにちは、キラーです。

 

ネットビジネスってほんと作業を継続し続けることが大事で、

つまるところモチベーションをどう高め、維持するかにかかっています。

 

みんな最初はパソコンの前に向かって、

「俺は絶対に半年後100万円稼ぐぞ~~!!」って気合い入るんですけど、

数ヶ月後とかブログ見たら全然更新してない人がけっこういます。

 

 

1回でも作業のサイクルが止まると、

やらなきゃって分かってるのになかなかパソコンの前に座れなかったり、

忙しさとかを理由に、作業をしてない状況を正当化してみたり・・

 

僕もよーくその気持ち分かります!笑

 

 

ほんと時間がたっぷりあった日でも

なんか作業をするのが憂鬱になったり、

自分に負けて遊んでしまったり、とか恥ずかしながらけっこうありました。

 

逆に一度作業をすれば何故かモチベーション湧いてきて

いつまでも作業ができたときもありますし、

常に自分を「スイッチオン」の状態にできれば良いのに~と何度思ったことでしょう。

 

とにかくネットビジネスはゴールの見えないマラソンみたいなもので、

どんなに能力が高い人でも、モチベーションが枯渇してしまったら

稼げるものも稼げません。

 

 

以前こちらの記事でインターネットビジネスは井戸掘りと同じだって書きましたけど、

あとちょっとやるだけで、大きな結果が出てくることってけっこうあるんですよ。

 

インターネットビジネスは「井戸掘り」から習え!?



 

せっかく作業がある程度進んだのに、モチベーションが続かなくなって

「え?ここで辞めるの??勿体なさすぎる!」って何度思ったことか、、w

 

 

で、今日のテーマですが、

モチベーションを“意図的”に沸かせ、持続させる最も効果的なやり方

についてです。

 

モチベーションってけっこう甘く思われがちで、

精神論のように「気合いで克服する」みたいに考えていませんか?

 

 

これは大きな間違いで、

自分の脳を洗脳させる、快感物質を発生させるやり方さえ知っていれば、

いつでもヤル気MAXの自分になることができます。 

 

ここからは実際に僕とかコンサル生が一瞬にしてモチベーションを引き出し、

作業効率が5倍以上向上した“超使えるやり方”をそのままお伝えしますね。

 

書籍に書かれているような、抽象的な理論を語るつもりもないし、

人によってそれが合う合わない、謎なやり方を教えるつもりもありません。

 

誰にでも引き出せる、心理プロセスです。

 

 

自分を奮い立たせるトリガー(引き金)をいくつか知っておくこと。

 

 

まず根本的な部分からですが、モチベーションが高いから行動を起こすのではなく、

行動を起こすからこそ、感情や環境が変わり、モチベーションが高まります。

 

最初は色々めんどくさいから何もしたくないものですが、

いざパソコンでタイピングを始めると、何故か没頭、熱中してしまって

数時間は簡単に経ってたことはよくあります。

 

 

だからこそ、0→1の行動をどうスムーズに運べるかどうかが鍵です。

 

そして人間、0から1にする最初のアクセスが一番エネルギーを使うので、

マリオカートの「ダッシュボード」みたいなアイテム、装置を知っておくことが大事です。

 


 

こういうダッシュボードみたいなものを「トリガー」と言いますが、

何かその場所に行くだけで急にやる気が出てしまったとか、

エネルギーの高い人と会ったら、もっと頑張ろうってなったりとか、

あるいは何となくアダルト動画見てたら急にムラムラしてきたりとか←分かりやすいかもw

 

そんな経験ありませんか?

 

 

人がトリガーになったり、

空間がトリガーになったり、

エロサイトがトリガーになったり、、

などなど

 

自分がパソコンに向かいたくなる“きっかけ”は

必ずどこかにあります。

 

 

トリガーをもっと細かく分類すると、

 

・視覚トリガー

・聴覚トリガー

・触覚トリガー

・嗅覚トリガー

・味覚トリガー

 

と、五感を刺激してあげることがポイントです。

 

 

僕の場合であれば、

 
 

視覚トリガー

→お洒落なデスクとパソコンを見る。札束を近くに置く。

 

聴覚トリガー

→ジブリなどリラックス系の音楽を流す。

 

触覚トリガー

→シャワーを浴び、水の流れる感覚とお湯の温もりを感じる。

 

嗅覚トリガー

→コーヒーを炊き、豆の匂いを嗅ぐ。新書の匂いを嗅ぐ。

 

味覚トリガー

→コーヒーの味が記事を書くトリガーになる。

 
 

といった具合で、

モノの力を上手く借りて自分の脳を洗脳しています。

 

 

トリガーのもう一つの考え方として、

 

・習慣トリガー

・場所トリガー

・時間トリガー

 

というカテゴリもヒントがたくさんあって、

習慣トリガーは、あなたがいつも行う習慣に意図したい行動(作業)をくっ付けると

作業が習慣化しやすくなります。

 

 

例えば僕の場合だと習慣トリガーとしては、

シャワーを浴びた後にすぐパソコンに向かう。

 

飛行機に乗るときは必ずパソコンを開く。

散歩をした後にソファに座りパソコンを開く。

 

 

場所トリガーは、

近所のスタバでハードな記事を書く。

 

事務所を近くに借り、仕事モードに切り替える。

 

 

時間トリガーは、

お酒を家で深夜に飲みながらアイデアを降臨させる。

 


 

 

みたいに自分の「行動パターン」を観察し、

意図的に「その癖」を取り入れ、必勝パターンを身体と脳に記憶させています。 

 

犬に「ハウス」と言えばその言葉がトリガーになりゲージに戻るように、

また、イチローが野球道具を磨いてからグラウンドに入るように、

僕らもパソコンに向かう前のトリガーを用意するべきです。 

 

 

身体がだるくてベッドから起き上がれないのであれば、

意図的にアップテンポの曲を流して、興奮物質を発生させたり、

あるいは足首を回して血液を意図的に循環させたりなど、

日常のあらゆる場面でトリガーを意識し、ストックしておきましょう。

 

必ずどこかに、「自分なぜかこういうことするとやる気出るんだよな~」

というものがあるはずです。

 

今日からそれを意識しましょう。

 

 

時間、やるべきことを「見える化」し、ストレスを与えよう。

 

 

ほとんどの人は日常を漠然と過ごし、

時間の流れるままに自分の行動を任せています。

 

これだとその時の「気分」や「周囲の誘惑」に左右されやすく、

生産的な1日を過ごすことができません。 

 

 

ここでお勧めできるのが、その日1日の時間を記録することです。

 

何時に起きて、何時から作業を始めて、何時から遊びに行って、

何時間くらいボーッと過ごしてたか・・

余計なことは一切考えなくてもいいので、

事実だけを記録してください。 

 

そうすれば自分の時間の使い方を視覚化でき、

初めて自分の穴に火がつきます。

 

「ああ、何でこんな無駄なことしてたんだろう・・」

「明日こそもっと有意義に過ごそう!」

 

と、嫌でも感じるはずです。 

 

ストイックに目標とか立てるのはその後です。

 

目標とかも大きいのは狙わずに、

とにかくその日にやるべきことのみを考えましょう。

 

 

やるべきことを見える化して優先順位をつけるのも効果的です。

例えばこんな感じ↓

 


 

毎朝アイフォンのメモに仕事もプライベートも

必ずタスクを書いて、視覚化します。 

 

そしてそれを声に出して読み上げます。

 

声に出すということは、

自分の中で“誓いを立てること”に繋がり、

コミットしやすくなります。 

 

 

最後に1日を終えたら、今日を振り返ります。 

 

ほんと難しいことなんか一切必要なく、

意識低い系の人でも簡単にできることだし、

簡単に危機感を覚え、デスクに向かわざるを得なくなりますね。

 

 

目標は高くは大間違い!目標は低くだ! 

 

 

どうしても作業に取りかかる気になれない。

 

トリガーすらも発動する気になれない。

時計すらも見たくない。

 

時々「生きてることすらめんどくさい。」と思うことは

人間なら誰でもあるでしょう。 

 

 

でも何もしないままだと世間に置いてかれるだけ。

そんなの分かってる。

 

そういう時お勧めしたいのが、

“5分だけ頑張ってみよう!あとはダラけていいや”

って思うことです。

 

最初から今日は記事を2つ書こう!とか、

リサーチ作業を5時間ほどしよう!ってハードルを上げるんじゃなくて、

 

「とりあえず100文字だけ書いて放っとこう・・」

「ヤフーを開いて数分だけ情報収集してみよう・・」

 

みたくエネルギーをそこまで使わないで、

“ちょっとしたこと”を最初にするのがポイント。

 

 

先ほど行動するからモチベーションが湧くって話しましたけど

まさにそれで、一回作業をし、アウトプットモードに入ってしまえば

人間勝手に作業を続けるものです。 

 

 

5分経ったら、もう5分だけ頑張ってみよう。

 

 

 

これ、まだまだいけるな・・・

 

 

 

なんか楽しくなってきた!

 

 

 

これで切り上げるのも損だな!

 

 

 

よし!気づけばここまで作業が進んだ!

 

次も頑張ろう!!

 

 

みたくなり、

流れを味方にすることができるんですね。 

 

仮に続かなかったとしても、

また間隔を空けずに、ちょっとのことを繰り返せばいいだけです。

 

罪悪感だって起きないし、

「これならやれるな!」って自分に思わせればもう勝ちです!

 

 

エネルギーの高い人に積極的に会いにいこう! 

 

 

これまでお話ししてきたことは、

「モチベーションをどう沸かせるか」に関してでしたが、

今度は、モチベーションをどう低下させず維持するか、

あるいはモチベーションが下がったらどう対処すればいいかにフォーカスしようと思います。

 

僕がインターネットで起業し、稼げるようになった最初の頃は、

とにかく遊びにお金を使ったし、

自分の承認欲求を満たすためにカッコつけたようなこともしてました。

 

今思うと凄い恥ずかしいですがw

 

 

とにかく「達成」「快楽」というものを目標にしてビジネスしてましたから、

それがある程度満たされた途端、

急にやる気がなくなったんですよね。

 

「もう今の生活で十分だし、これ以上頑張る必要あるのかな?」

「このままインターネットの仕組みに任せていれば、何しなくてもお金入ってくるよな~」

 

って考え始めて、

たどり着いた先は「堕落」の道でした。

 

 

なんか考えるのもめんどくさい、

 

新しいことにも挑戦したくない。

 

毎日飲みに行って帰って寝るだけ。 

 

1ヶ月の飲み代が札幌なのに50万円は余裕で超える・・ 

 

 

でも“ある時”を境に、

そういったダラダラ状態が完全になくなったんですよね。

 

それはいろんなコミュニティに顔を出し、

“本当にカッコいい大人”や“超次元が高い人”に会ったことがきっかけです。

 

サイトアフィリエイトだけで月収が1億円を超えてる人とか、

山に籠り仙人のような生活をしながらコミュニティ運営をしている人、

事業を10個同時に手がけながらスリランカのボランティア活動に積極的に関わってる人、

まだ20歳なのに総資産が10億円ほどある人・・

 

ほんとワンピースの新世界にでも登場するような

桁外れな怪物たちに出会い、感化され、自分の未熟さを知らされました。

 

 

「今までの俺ってなんだったんだろう。」

「なんでこの程度で満足してるんだろう。」

「人生の基準をお金でしか見れなかった自分が恥ずかしい。」

 

となり、初めて自分は狭い世界にいたと気づかされます。

 

 

彼らって僕と“幸せの軸”が違ってて、

達成願望、快楽しか求めてなかった僕に対し、

そのステージはとうに過ぎて「良好な人間関係」とか、

人生に対する「意味合い」とか「没頭」に幸福を感じてたんですよね。 

 

 

だからお金じゃなくても頑張れるし、

真の意味でどう自分と他人の世界を「豊か」にするか

高い視座で物事を捉えるようになります。

 

 

達成、快楽が根底にあると、次の目標が見つかりづらくなりますからね。

 

こういう高い次元にいる人たちと会ったおかげで

またやる気MAXスイッチが入りましたし、

今あなたが最近ワクワクしないんだよな~と感じたら

カルチャーショックを起こしてくれるようなイケてる人と話すことをお勧めします。 

 

 

この人と喋ってるとほんと新しい発見ができるんだよな~って人とか、

エネルギーが充電される人を何人かストックしておくと、

ほんとモチベーションが維持しやすいです。

 

 

定期的にビジネスの会合とかセミナーに顔を出すのもいいでしょう。

 

モチベーションの原理をセールスに応用する方法

 

 

何度も言うように、モチベーションなんて所詮自分への洗脳です。

 

折れないハートを持つ人とか

純粋にそれをするのが好きな人だけの特権ではありません。

 

自分に暗示をかける「テクニック」を知ってるかどうかです。

 

 

自分に合った五感を刺激するトリガーを用意したり、

時間と行動を可視化したり、エネルギーの高い人と定期的に会ったりと、

自分の脳を上手く支配してください。 

 

 

イメージとして、自分でそれらのことを実践してモチベーションを上げようとするのではなく、

もう1人、上で見下ろしてる別の自分を想像して、

今いる自分がまるでゲームの中にいるキャラのように操作しようとするのがポイントです。

 

あなたがあなたを動かし、モチベーションを上げさせること。

 

今あなたが感じていることなんて、

存在しないのも同然で、もっと大いなる意識を働かせること。

 

こうした“悟り”を得ることで、

本当に人生うまくいきます。 

 

 

そして自分のモチベーションを管理することに成功できれば、

それは他の人のモチベーション、心理状況すら変えることができるんです。

 

まずはそこにいる人を観察し、

どういう人間か把握すること。

 

感情的で動物脳で物事を考えている人か、

それとも理論立てて人間脳で考えている人かなど。

 

この時に、その人を行動させる(購入させる)トリガーは何なんだろうかと

しっかりと理解することが大事ですね。

 

 

同じ商品だとしても人によって響くポイントが違って、

 

例えば動物脳が強い人であれば、

商品の愛用者が盛り上がってる感がある画像や動画を見せてあげたら、

それがトリガーになって「楽しそう!参加したい!」って衝動的になりますし、

 

人間脳が強い理屈人間であれば、

変に飾らずに商品が優れているエビデンス(証拠)をひたすら示せば

なるほどなと納得してくれます。 

 

 

基本的に動物脳を刺激してから人間脳に訴えかけた方が成約率は上がります。

 

セールスセミナーとかやるのであれば、

セミナー前とか休憩時間にアップテンポで

リズミカルな曲(聴覚トリガー)を流せば、

「さあ行くぞ!」とスイッチが入ります。 

 

対面でセールスをする際は

心を落ち着かせる効果のあるラベンダーの匂いの香水をつけたり

家にアロマを炊けば、それが嗅覚アンカーとして

相手の心を許すことができます。

 

トリガーによって動物脳を攻略したら、

次は行動しない理由や不安に思うことを先に潰して人間脳にロジカルに説得していく。

これで大体クロージングは決まります。 

 

 

モチベーションの性質を知っていれば

いろんなビジネス活動に応用できますので、

しっかりと実践してみてください! 

 

もっと掘り下げた話とか、具体的なテクニックとかは

こちらのメール講座でもお話ししていきます!

 

※下記をクリックして詳細を確認してください。↓↓



*メールアドレス
*お名前(姓・名)

 

まだ登録していない人はこの機会に!