こんにちは、Killerです。



先日ドバイより帰国し、

まだ旅の疲れや余韻は残っているものの、

また本日より仕事を本格スタートさせます。


海外での出来事は、後で記事にしておきたうと思います☆



さて、帰国してすぐインフォ業界の動向を見ていたところ、

とんでもない投資スクールが販売されているみたいなんで、

ここで取り上げておきます。



あの大先生が日本にいた時代からお得意の高額塾ではありませんか(笑)

それが与沢翼のグローバルトレーダーズスクールです。



グローバルトレーダーズスクール


【商材名】グローバルトレーダーズスクール

【販売者】与沢翼

【販売会社】GIVE WING DMCC

【価格】30万円

【URL】http://yozawa.org/



ついに彼独自の投資スクールが登場




与沢翼と言えば、ネットビジネス業界では

多くの伝説を残してきた人物の一人でありながら、

彼が高額塾をリリースするたびに、多くの人を泣き寝入りさせてきた

何かと黒い話題になる人物の一人です。



2年前に、フリーエージェントスタイル株式会社を倒産させ、

そこからシンガポールに移住して株式トレーダーやカジノ、

海外不動産投資など投資家として動いてきたみたいですが、

ついにまた、日本時代と同様、彼独自のコンテンツを販売してきましたね。



日本時代では、アフィリエイト関連や情報起業関連のノウハウが中心でしたが、

海外に移住した2年間で、すっかり「トレーダー」としての地位が確立されましたので、

今後は投資スクールを中心に扱っていくものだと予想されます。



事実ここ最近では、自身がトレーダーとして世間から認知されてきたためか、

他人の投資スクールを推薦し、そのコンテンツの紹介料をいただく、

いわばアフィリエイトもしてきたわけです。



具体的には、相場師朗さんの相場ゼミや、


相場ゼミ


下山トレーダーの波乗り株スクール


波乗り株スクール


半年前とかだと、ウルフ村田とジョイントした

株トレマスタースクール


株式投資無料オンライン講座


ちなみにジョイントしていたウルフ村田さんは、

かなりの被害者を出しているみたいで、

そのことはこちらの記事でも綴りました。

>>ウルフ村田と与沢翼の株式投資無料オンライン講座に手を出すべきではない。



同じ株式トレードであっても、

それぞれの投資スクールの取引手法はバラバラであるはずなのに、

こうして踏んだり蹴ったり紹介しているのを見ると

結局何がおススメなのか分かりませんね。




んで、今回の与沢翼自らが主宰するトレードスクール。。。







株式投資、FX、先物取引(金、原油、ETFなど)を含む

全てのトレードを扱ったり、

アフィリエイトなどのネットビジネスや

海外資産運用などあらゆる領域のことを教えてくれる

スーパー個人を育成する学校とのこと。



ちなみにトレードの分析の仕方も、

テクニカル分析もファンダメンタルズ分析も全て教え、

講義回数は全部で24回みたいです。



あらゆるノウハウやエッセンスが、このスクールに詰まっているとなると

それはそれで魅力に感じられるかもしれませんが、

1つ1つのノウハウが手薄になり、

結果どっちつかずになる状況が容易に想像つきますね。




そもそもトレードにしかり、アフィリエイトなどのネットビジネスも

ただ基礎事項だけ勉強したところで稼げるようにならず、

ライティング、マーケティング、投資メンタル、チャート分析など

普遍的なノウハウをみっちり学習したあと、

そこから細分化して、実用的な目線で掘り下げて実践していく必要があります。



特にトレードなんて、講義を聴き、その教えに従って取り組んだところで、

ストレートに稼げることはなく、

インジケーターの設定なり、決済タイミング、

チャートの待ち方など、実践形式に即したものを学ばない限り

投資収益を出すことはまず無理です。



その中で、このスクールの全24回という限られた講義内容で、

いろんな投資商品のトレードを紹介したり、

アフィリエイトを教えたりとなれば、

全然足りませんし、

「ただ触りの部分を学んだだけ」の

広く浅い状況になりかねませんね。




1つのノウハウにつき、24回の講義なら分かりますが、

24回であらゆるノウハウを詰め合わせるとなると

限界はあります。



与沢翼の裏側




ここで僕が知る限りの与沢翼氏の情報を

お伝えしておきます。



まず、与沢翼が本当にトレードで収益を上げて、

財産を築いているのか?ということですが、

“やや怪しい”のが本音です。



僕はいつも与沢氏のメルマガや公式ブログを見ていて、

彼の独自のトレード理論や手法に納得させられるものがありましたし、

一時期彼は本当にトレードで稼いでいると思い込んでいましたが、

どうもインフォ業界の関係者に聞くと、

この質問を投げかけたときに、

皆、首を傾けます。



例えば、カジノですが、

毎回与沢氏が勝っているわけではないみたいです。



たまたま勝ったところをピックアップしたり、

もしくは勝ったそぶりを敢えてしたり。



与沢翼 カジノ


上記の画像は、あるメディアに出演したときのものですが、

そこでも「今日も勝ちました」みたいなことを言って、

与沢翼復活劇が映しだされています。



与沢翼の裏には、仕掛け人がいくつか存在していて、

カリスマトレーダ―与沢翼、もしくは

カリスマ投資家与沢翼を意図的に作り出しているわけです。




また与沢氏の彼女である、相原麻美さんですが、

常に与沢氏の側近に座り、

実際に会っても、ほとんど口を開かず、淡々と相槌を打ったり、

必要最低限の質問に答えるだけみたいです。



ボロが出ないためなのかどうか分かりませんが、

単なる置物としてのイメージしかありません。



関係者の中でも、「本当に彼女か疑問」という声が

多く上がっています。




元カノである山田るり子氏との破局の後、

“秒速”で今の彼女と付き合うなど、

どうも出来過ぎで不自然です。



彼女という存在さえも、

与沢翼のブランディング活動のひとつであり、

全てが綿密に「仕掛け」があるというわけです。



ここではまだまだ書ききれないことや、

書いてはいけないことなどたくさんありますが、

こうした与沢氏にまつまる裏エピソードはたくさん耳に入っていましたし、

疑問に残るような投資スクールも

彼は多く紹介していました。



その中で、今回与沢翼自らの投資スクールが発売というわけですから、

「ああ、そういうことだったんだ。。。」というのが

率直な感想です。



与沢翼がこれまでトレードしてきたものは

ほとんどバーチャルという声も一部で上がっており、

与沢翼はトレードで復活したのではなく、

「トレードのノウハウを多く販売することで復活した」

という方に軍配が上がります。



今回の投資スクール公開は、

ただそのスクールの中身のことではなく、

その背景なり、いろいろ考えさせられるものがあります。



与沢翼というキャラクターは僕は純粋に楽しんでいますし、

時には会話のネタにもしていますが、

実際与沢翼からビジネスを教わるとなると、

どうも信用できるところがありませんし、

こうした正体不明なものには関わらないことを

皆さんに提唱したいと思います。



こうした与沢氏の例のように、

ネットビジネス業界って実際のところどうなの?

と怪しく思っている人が多いみたいなので、

こちらに、その真実を述べておきました。


>>【必見】ネットビジネス業界の真実とそれに基づくこれからの方向性について。



少しでもこのネットビジネスという世界に疑問を持つ人は

一読してみてください。



では、今日はこの辺で!!

管理人Killerへの連絡はこちら



(お知らせ)


当ブログとは別に、僕のメルマガ講座においても、

最新のネットビジネス事情の配信、ノウハウ紹介、個別に合わせた

メール指導を行っております。



ブログには書けない限られた人にのみ公開する情報(弟子募集の話、プレゼント企画等)

もたくさんありますので、

自分の現状とか思いを下記のフォームに入力して

登録ボタンを押してみてください。



*メールアドレス
*名前
使える作業時間、気になるノウハウ、自己紹介や質問など
*メルマガ登録を決意した記事URL(より良いサイト作成を目指しているため、ご協力願います)



このメルマガ講座では、ただ僕からの一方的な発信だけでなく、

それぞれ抱える悩みだったり、ネットビジネスでつまずいてる箇所など

フィードバックして、相互交流も図っていきたいと思います。



いわば、メール指導、メルマガ発信を通したあなた独自の「Killerスクール」

を目指しており、“本物の情報のみ”をお伝えしていきます。




ネットビジネスはホントに「知ってるか知らないか」の違いだけで、

本物のテクニックを教えてる人があまりにも少ないですね、、、



僕もあなたのことを色々と知りたいし、そのキャパを超えた無茶なことを

させる気はありませんので、下記の項目に沿って

答えていただければ助かります。


1、ネットビジネスの経験年数

2、ネットビジネスに取り組める毎日の平均時間

3、ネットビジネスで現在取り組んでいるジャンルや興味のあるジャンル(アフィリエイト、転売、FXなど)

4、より効率的なツールや教材などに使える教材費用

5、ご希望の月収



先ほどのメルマガの登録フォームの項目か、

下記のメールアドレスよりお気軽にご連絡ください。

連絡はこちらをクリック