こんにちは、Killerです。



えー、久しぶりに仮想通貨系以外の無料オファーを見たような気がしますが、

昨日からこちらの案件が騒がれていますね。





なにせ今では業界で凄い影響力がある坂本まりさんが表に立ち、

数々のローンチ案件を製作してきたチーム鬼神がバックについてる案件ですから

多くのネット有名人がこぞって紹介している現状です。



今回の案件も、「権利収入」や「富の共有」という文言を掲げた

やりたい放題な広告をしているあたり、さすがチーム鬼神さんだな〜と思いますw



それが良いか悪いかはともかく、

“自身で撮影した写真がお金になる”という、

何とも面白い切り口のノウハウになりますので、

ユーザー側の目線から本日はあれこれお話ししますね。




【案件名】Dream Ocean PROJECT

【販売元】坂本まり チーム鬼神

【URL】http://www.dreamocean.jp/lph/10test/9gd88jigfli/



坂本まりさんの過去、経歴は?




さて、坂本まりさん自体は、比較的最近目立ってきた女性プレイヤーで、

アフィリエイトセンターのランキングとかでも毎回上位に食い込んでおり、

蝶乃舞さんを彷彿とさせるほどカリスマ性があるな〜と個人的に思いますw



これまで坂本よしたかさんの「Change the World」をはじめとする

数々の有名ローンチのインタビュアーも務め、

他のネットビジネスの大御所達とも顔馴染みといったところですね。







広告費も今回1億円以上かけるのを予定しているようで、

世間から注目が浴びる案件になることは間違いありません。



坂本まりさん自身は、ネットビジネス業界以外にも

実業界、芸能界ともパイプがあり、複数の事業でも

それなりの成功を収めているのは確かのようです。



ただ、坂本さんが理事長とされる一般社団法人アジア経済文化振興会が

どれだけの活動をし、どこまで力があるかは分かりませんし、

今回の案件とはあまり関係がない気がしますw



業界の名だたる重鎮達が、今回のプラットフォームの利用契約書にサインしているのも

クリーンに見せるための作り込みにすぎませんし、

雰囲気に流されて判断することはやめるようにして下さい。



写真ビジネスはどれくらい有効に稼げるものなのか。




改めて今回のビジネスを整理すると、



・素人が自身で撮影した画像を売る、、
・しかも1枚はサラリーマンの月収くらいの値段で、
・集客もセールスも一切不要、
・更に、参加しているだけでも定期収入は入る、


という流れで、「写真」をテーマにしたノウハウです。



その写真販売をより効率的にしていくために、

坂本さんの方で、画像プラットフォームなるものを用意しており、

そのオーナー権利を今回販売したいようですね。







そのプラットフォームを使って、写真を売りたいユーザーが参加すればするほど、

そのシステムが盛り上がり、全員がWin-Winになれるようですが、

この部分が理解不能であるのは僕だけでしょうか?w



なぜならオーナーや画像販売者をたくさん集めたところで、

その既得権益の「パイの奪い合い」にしかどう考えてもならないし、

画像プラットフォームそのものの利便性や技術を高めていかないと、

いくら人や金を集めても成長は見込めないからです。




で、今回そのプラットフォームの正体が、

「ラクシーアート」という画像アプリで、

インスタグラムと連動機能がついていたり、

写真販売機能があるようですが、まだそのアプリは確認できません。



そのアプリのアクセス数、利用ユーザー数がかなり多いものではないと、

画像を販売しようとしたところで売れるはずがないですし、

坂本さんが言われているように、1枚数万円単位で簡単に売れる状態になるのは難しいですね。



ラクシーアートというアプリに関して、いろいろ探してみましたが、

全くその中身は出てこず、おそらく今現在は「開発段階」にあるのでしょう。



そうなれば、動画内で見せた坂本さんの「報酬画像」は

どういうルートで写真販売をした収入なのか謎ですし、

坂本さんほどの人であれば、そんな報酬画像を用意するのはたやすいことなので、

このビジネスがどのくらい稼げるのかは疑問のままです。





ちなみに写真売買プラットフォームとして

圧倒的な利用者数を誇るこれらでさえも、

クリエイターとして報酬が得られるのに限界があります。


PIXTA
https://pixta.jp/how_to_sell

Snapmart
https://snapmart.jp/



月数万円といったレベルは、頑張れば達成できる感じですが、

坂本さんが言うような月1000万レベルは、

写真販売だけだとまず無理です。




この辺りもみなさんどう考えているのでしょうか?



画像ビジネスの未来と、今後求められるビジネスとは?





ただ今後のインターネットビジネスは、文章のみの情報発信から

画像や動画などの映像メディアを用いた発信に重きが置かれていきます。



特に画像というのは、最も手軽な発信のやり方になるので、

今から人を惹きつけるための写真撮影や加工を勉強したり、

画像を用いたマーケティングを実践しても良いでしょう。



実際僕のコンサル生なんかは、インスタに掲載した画像から集客し、

そこから関連した商品の成約にいくつか結びつけていたので、

画像ビジネス自体は面白いと考えています。



坂本さんの案件をきっかけにして画像ビジネスを触れていくのも

一つの手ですので、坂本さんを気に入り、どうしてもこのビジネスが忘れられないというのなら、

金額面とも相談しながら参加してもいいかもです。



ただ単なる写真販売だけとか、オーナー収入は

理論上大きな収入になるはずないですし、

「富の共有」とか「分かち合い」なんてものをビジネスとして捉えることは

僕から言わせれば「馬鹿」以外の何者でもありません。




何かしらネット上で自分から価値提供をし、

自力で収入の流れを作るのがビジネスであって、

他人の力で稼ごうとか、弱いもの同士助け合おうなんてものは舐めてます。



僕はいろんなノウハウを見てきましたが、

どんなビジネスも結局は自分で1から仕組みを構築し、

自分の手によって動かしていくしか「成功」はありません。



それこそ数万円レベルの小遣い程度であれば

他力本願が通用する場面はあるかもですが、

インターネットビジネスで大きく人生を変えようとするなら

自分のマインドをまず変えるしかないです。



どういう原理でビジネスが成り立ち、

それには何が必要で、今何をするべきなのか、

しっかり自分の頭で理解してなきゃいけないし、

「人任せ」でネットビジネスをしては絶対にいけません。



画像とかシステムみたいな小手先のものだけに頼るのではなく、

根本的な部分からビジネスを勉強し、

きちんとした戦略に基づいて作業を重ねることが最優先ですね。


そのためにも、必要なエッセンスを

下記のメール講座にて濃くお伝えしていますので

この機会にネットビジネスとはどういうものなのか、真剣に学んでください。




※下記をクリックして詳細を確認してください。↓↓



*メールアドレス
*お名前(姓・名)






どうしても自分はインターネットビジネスには興味がなく、

写真撮影みたいな手軽なことでお小遣い稼ぎをしたいというのなら、

比較的価格が安く、いろんな再現性が高い副業案件を紹介している

下記の教材で学ぶのも手だと思います。

副業イノベーションで今すぐ豊かな副収入生活を



ざっくりと宣伝も兼ねて締めくくらせていただきますが、

坂本さんのシステムに関して、新情報があれば

またお伝えさせていただきますね!


それでは!