こんにちは、Killerです。



つい先日まで、教え子の指導、プレナーさんとの打ち合わせの関係で、

愛知と東京に出張に行っておりました。



なかなか当ブログを更新できずにいましたが、

本日からはしっかりと運営させていただきます!



連絡が来ないぞーという方は、

もう一度ご連絡いただけると幸いです。



さて本日は、今話題になっている

松宮義仁さんのSNS現金化プロジェクトについて

レビューさせていただきます。



SNS現金化プロジェクト



【商材名】神撃の爆勝宣言!SNS現金化プロジェクト

【販売者名】松宮義仁

【販売会社】株式会社SRシステム



インスタグラムについて




松宮義仁さんは、あらゆるSNSを活用して、

その現金化に成功してきた方みたいですが、

別に松宮さんでなくても、

他のアフィリエイターさんもTwitterやらfacebookとかを駆使して

稼いでいますが。。。(笑)



そんな大げさに

爆勝宣言だ!!とか、

時は来た。SNS現金化の瞬間が来たのです!!

とか言われても、既にSNSの時代はきていますし、

そのSNSをどう使いこなすかが重要なわけです。



このオファーの注目点は、

まず、最近出てきた「新しいSNS」を活用するということ。



まだ誰も手を付けていない新興のSNSを使ってしまえば、

一気にタイミングに乗かって短期間で最大の利益を叩き出せるというのが

松宮さんの主張です。



しかし実際のところそうした新しいSNSであっても

ネットビジネスとして正しい活用をしなければいけないわけで、

そうした使い方を誤ってしまうと

いくら最新のSNSを使ったところで稼げないわけです。




そのSNSとは、

最近よく見かける、画像や動画の共有SNSである、

「インスタグラム」です。



よく旅行とかお食事とかした時に撮影した画像とかを

インスタグラムに貼り付けて、

昔でいうところのアルバム帳みたいな感覚です。



それを見たフォロワーがいいね!とか

コメントとかをして交流を図っていきます。



若い女性がメインに使っていて、

ちょっと可愛い画像とかおしゃれな写真がのっていると

思わずみんないいね!していきます。



写真や動画は、文字とは違って、

大きな注目を受けやすいですから、

いかに投稿する画像を魅力的なものにしていくかが

勝負の分かれ目になります。




最近では日本の企業もインスタグラムを活用しているみたいで、

こちらの下のサイトでは、いろいろと紹介事例がのっておりますので

目を通してみてください。

>>Instagram(インスタグラム)を活用した5つの国内キャンペーン事例とその特徴



日本の企業でもインスタグラムが使われてるんなら

きちんと取り組めば稼げるんじゃない?

と思われるかもしれませんが、

実はそれは大きな落とし穴です。




というのも、今回インスタグラムを活用した

企業の特徴にあります。



よくよく活用した企業を見てみると、

インナーアパレルとか、美容、アクセサリーとかの

女性向けの商品を販売するネットショップです。



つまり、インスタグラム単体では、現金化することは難しく、

他にネットショップとかを構えながら、インスタグラムと連携を取ることで、

はじめて現金化ができます。



インスタグラムだけを運営していれば稼げるわけでなく、

また別で自分のメディアを用意する必要があるわけです。




それにインスタグラムは、女性がメインになるわけですから、

当然利益率が高い情報商材やアダルトとは相性が悪く、

化粧品や雑貨といった利益が低い物販を中心に

扱っていかなければいけません。



自分が扱っていく商品テーマに

どうしても制限がかけられてしまうわけです。



自分がいま美容や雑貨の通販サイトを運営しているということであれば、

新たな集客元として、もしくはブランディングの一環として

インスタグラムを活用してもいいかもしれませんが、

まだ何もネットビジネスをしたことがないのなら、

最初からいきなりインスタグラムに依存することは

非常に危険と言えます。




それでしたら、まずはブログなり、もしくは

主流のSNSであるTwitterとかを構築した方が賢明です。



インスタグラムは、活用しても損はありません。

ですが、インスタグラムに取り組む前にやるべきことはもっとあるわけです。



松宮さんは、インスタグラム専用のツールを開発して

それを活用すれば、誰でも稼げてしまうと強気で言ってますが、

それは大きな間違いなんですね。



そのツールの性能とかは確認はできていませんが、

おそらくむやみにフォローをつけてスパム行為をするものだと思われます。



集客ツールはほとんどがスパムツールであり、

一定の時間が経つと、運営側から規制されるのが

運命です。



長続きはしませんし、仮にインスタグラムのフォロワーを増やせたところで、

そのフォロワーに対して誘導を仕掛けていかなければいけません。



インスタグラムのコメント欄には、サイトのURLは掲載できませんから、

プロフィール欄にしか誘導をかけるところがありません。



こうした色々な制限がかかっているインスタグラムで、

どうやって文章力も必要なく、誰でもコピペ以下の作業で

収益化できるのでしょうか?



インスタグラムをきちんと使うことはできますが、

きちんと使うためにはどれだけの準備やコンテンツ、

スキルが必要なことか。。。



松宮さんのSNS現金化という言葉に釣られて、

軽い気持ちで取り組もうと思った人は

ここで反省してください。



それでもまだインスタグラムとかツールに対して

何かしら期待している人がいれば、

後から僕にメールください。



過去のスーについても同じことです。




そもそも僕自身、松宮さんのSNSに対する信用は低いです。


というのも今年のはじめくらいに、

「スー」という新興SNSが登場した時も、

ロクに実績を残せていないのに勝手にスー塾を販売していたんですね。



結果としてスーというSNSはこけて、

松宮さん自身のアカウントも削除されて、

その塾は炎上しましたが、

そのときの謳い方も、今回と同じく、

「新しいSNSのブームにのっかる」

「先行者利益」というワードを引っさげて、

大々的なプロモーションをかけていました。



まあ、松宮さんのような販売者側からすると

こうした新しいSNSは格好のアピールポイントであり、

商用利用がしやすいわけです。



購入者からしたらいい迷惑で、

今回のインスタグラムにしても

ロクな実践や検証もせずに、

ただ新しいSNSとして押し出したいだけな気がします。




こうした得体のしれないものに関しては

いきなり飛び込むのではなく、

しっかり動向を観察し、検証を重ね、

自分の中で確信が持てたらチャレンジすべきです。



先行者利益というフレーズに惑わされることなく、

堅実なネットビジネスを徐々に実践していただくたいと思います。




まあ、今回のような先行者利益とかではありませんが、

最近アプリビジネスという、

まだまだブルーオーシャンな稼ぎ方を体験しましたので、

みなさんにここでお知らせしておきます。

>>アプリビジネスマスター塾が稼ぎやすい理由とは?



これは僕が実際にスクールに入って習得した稼ぎ方で、

納得のいくものになっています。



下手によくわからないインスタグラムに手をつけるよりも

こちらの方が堅実ですので、

少しでも僕の主張が響いた人は

こういったところも検討いただければと思います。


質問はいつでも受け付けます。

では、今日はこの辺で!


管理人Killerへの連絡はこちら


(お知らせ)


当ブログとは別に、僕のメルマガ講座においても、

最新のネットビジネス事情の配信、ノウハウ紹介、個別に合わせた

メール指導を行っております。



ブログには書けない限られた人にのみ公開する情報(弟子募集の話、プレゼント企画等)

もたくさんありますので、

自分の現状とか思いを下記のフォームに入力して

登録ボタンを押してみてください。



*メールアドレス
*名前
使える作業時間、気になるノウハウ、自己紹介や質問など
*メルマガ登録を決意した記事URL(より良いサイト作成を目指しているため、ご協力願います)



このメルマガ講座では、ただ僕からの一方的な発信だけでなく、

それぞれ抱える悩みだったり、ネットビジネスでつまずいてる箇所など

フィードバックして、相互交流も図っていきたいと思います。



いわば、メール指導、メルマガ発信を通したあなた独自の「Killerスクール」

を目指しており、“本物の情報のみ”をお伝えしていきます。




ネットビジネスはホントに「知ってるか知らないか」の違いだけで、

本物のテクニックを教えてる人があまりにも少ないですね、、、



僕もあなたのことを色々と知りたいし、そのキャパを超えた無茶なことを

させる気はありませんので、下記の項目に沿って

答えていただければ助かります。


1、ネットビジネスの経験年数

2、ネットビジネスに取り組める毎日の平均時間

3、ネットビジネスで現在取り組んでいるジャンルや興味のあるジャンル(アフィリエイト、転売、FXなど)

4、より効率的なツールや教材などに使える教材費用

5、ご希望の月収



先ほどのメルマガの登録フォームの項目か、

下記のメールアドレスよりお気軽にご連絡ください。

連絡はこちらをクリック