こんにちは、Killerです。



えー、ご存知の方も多いと思いますが、

ここ最近は新規上場コイン、通称ICOで

ひと財産を築く事例が目立ちます。



ICOとは、「Initial Coin Offering」の略で、

プレセール時に未上場のコインを購入し、

上場後に値上がり益を狙う手法を指します。



株式投資でいうところの未公開株(IPO)に似たものがあり、

取引所で取り扱われるようになると、数十倍〜数百倍にも

価値が急上昇することも少なくないので、

少額の資金から億単位の資産形成を狙う人にとっては、

ICOは最善の手法と言えるんですね。




2018年は「ICO元年」とも表現される昨今




例えばICOの成功事例として、イーサリアムやエイダなどが有名ですが、

プレセールの公募価格よりも初値で50倍ほどの値が付き、

最大時で600倍以上もの急上昇を見せているものもあります。



僕の周りの友人や知り合いでも、既に取引所で扱われているビットコインやアルトコインよりも

このICOで「億り人」になっている方が多く、

ICOを見極める目と情報網さえ持っていれば、誰でも平等に

巨額の資産が築ける可能性が秘められています。



それもそのはず、ビットコインをはじめとした取引量の多いコインで勝負するよりも

まだ取引所で売り買いすらできない、

世に生まれる前の有望なコインに目をつけた方が

「稀少性」「先行者利益」といった面で有利に立つことができ、

投資リターンが圧倒的に高くなるのは当たり前だからです。




プレセール時から上場までの時間が必要なのはネックなものの、

数ヶ月〜半年くらいの時間さえかけれれば、

これまで溜め込んでいたパワーが一気に放出され、

期待以上の成果を上げてくれることも珍しくありません。



特に仮想通貨市場の時価総額が昨年(2017年)より大きく上昇した今だと

既存のビットコインやアルトコインの価格上昇率よりも

これから誕生するコインの方が遥かに高く、


“2018年はICOを制する者こそが富を制する”


とも言えますね。



取引規模が大きいコインに投資するのは、

安定性こそあるものの、爆発的な値上がりがあまり期待できなくなってきているので、

小資金しか持たない「弱者の戦略」はまさにこのICOにあるでしょう。




玉石混合のICOをどう見極めていくか。




ICOは簡単に言ってしまうと、


「これから私たちはこういったプロジェクトを進めていくから

可能性を感じた人は投資してね〜」


と、“未来形”を前提としたものになります。



つまり、未来のことは誰も分からないものだから、

事業内容を適当にホワイトペーパーに書いて、お金だけ集めて開発を進めないとか、

運営の力不足で企画倒れに終わってしまうケースも多いです。



せっかく上場しても、開発やマーケティング活動を怠っているコインは

一瞬で値下がりして消えていくのもたくさん見てきましたし、

逆に開発をきちんと進め、企業との提携やアップデートを重ねているところは

長期にわたって価値を上げています。



他にも“ファン”をどれだけ確保できるかや、

“仕手”による価格の火付けなど、成功させるための要素はいくつかありますが、

それら全ての成功要因を盛り込んだ、


“当たる可能性が極めて高いモンスター級ICO案件”


を見つけましたので、今回ご紹介させていただきます。



それがQONECT(コネクト)という

SNS一元管理アプリを開発する事業のICOで

先行販売期間の現在でも、多くの投資家から注目を集めています。

QONECT公式のページはこちら


トークン発行量、資金調達上限金額がすでに決められており、

皆さんがこうして当記事をお読みいただいている間にも

現在進行形で「売り切れ」に近づいてきているほど人気の状態なので、

なるべく早く今から情報を追いかけ、判断していただければと思います。



それでは、事業概要や開発計画を中心に、

要点を押さえてお話ししていきますね〜。



SNSを一括でまとめ、投稿すればお金すら貰えるQONECTアプリの可能性




まずはイメージを湧かしていただくために、

公式のQONECTアプリについて紹介した動画をご覧ください。






これまで多くのユーザーが、Instagram、Facebook、

Twitter、LINE、Googleとそれぞれ個別でソーシャルメディアを使用してきたものが、

QONECTアプリの登場によってそれらSNSを一括管理できる

今までにない、革新的なプラットフォームになります。









QONECTコインはそのアプリケーション内で使えるもので、

買い物の決済として使用もできれば、お金に換金することもできます。



特徴的なのは、SNSで個人が発信した投稿が「広告」としての役割を果たし、

その投稿を見た人が、実際に購入やお店に行くなど、何かしらの「成約」をした場合、

QONECTコインとしてその報酬を貰える仕組みになっています。






テレビなどのマスメディアの時代から、個人の情報発信が影響力が強い今では、

SNSそのものからお金を得られる仕組みは需要が間違いなくあり、

かつ一括管理という利便性を兼ね備えたアプリ事業というわけですから

人気が出るのは必至だと思いますね。



さて、何よりもそれを支えるAIとブロックチェーン技術が際立っていて、

AIによってユーザーの趣味嗜好を分析し、的確な広告を表示させたり、

今なにを欲しているのか最適な提案も瞬時に行えます。







ブロックチェーンはイーサリアムベースで構築されており、

AI、ブロックチェーンの開発メンバーは有名コインを開発したエンジニアや、

超有名大学研究室で研究を続けているそうそうたる面々です。




コインの価値を決める要因として技術力は大きく左右しますが、

これだけの“天才”が集められたチームはかなり期待できますね。



金融庁認可という「圧倒的信頼」と「年内上場」の予定








QONECT運営会社の概要を簡単にまとめますと、


【社名】Synchronicity limited

【代表者】S代表取締役社長 大谷 臣巧

【所在地】香港九龍尖沙咀廣東道5號海港城海洋中心8樓827室

東京オフィス:東京都新宿区西新宿7−5−25西新宿木村屋ビル2F




注目すべきは、発行元のSynchronicity limitedのグループ会社に

金融庁認可の金融ライセンスを持つ会社があるため、

非常に信頼感がある点です。





けっこう力がある会社で、当然取引所への上場においても

多くの「予定」と「計画」が立てられています。



年内上場はほぼ確定しているようで、

個人的には8月ごろの上場だと思います。



けっこう「上場するする詐欺」のICOって多いですが、

そこについては心配がいらないと思ってください。



むしろ誰もが知るビッグな取引所へいくつか上場すると

僕自身、確信していますw



本田圭佑もインフルエンサーとして参入予定?




コインの価値を高めるためのマーケティング戦略として、

「インフルエンサー」を表に立てて、

一定数のファンを確保することやブランド力を強化することも

有効なやり方です。



需要を一気に呼び込むための「起爆剤」ともいえ、

効果的にそうしたカードを切るのも、成功させるためには必要です。




そんな中、QONECTでは大物サッカー選手である

本田圭佑も参入して、プロモーションを行うとの噂が

2018年1月現在流れています。






Yahooニュースにも掲載されるほどで

仮想通貨のVIPプレイヤーの中ではかなり盛り上がっているのが実情ですね・・


Yahoo!ニュース「本田圭佑が謎の投資セミナー 仮想通貨ビジネスに参画か」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180115-00000005-pseven-spo



その内容の一部を抜粋すると、




「本田さんとはビジネス関係のパーティーで知り合い、昨年11月に仮想通貨ビジネスを『やろうか』という話になりました。彼は仮想通貨についてかなり勉強していますからね。ただ、まだ具体的な中身は決まっておらず、本田さんが、この仮想通貨に今後関係するかも未定なのです。
 昨年末のパーティーには私も参加しました。その直後から問い合わせが増えましたが、『まだ何も決まっていない』と答えています。売れ行き? この仮想通貨はまだ身近な人にしか販売しておらず、価値はほぼゼロです。将来的にどの程度の規模になるかも不確定です」






本田圭佑が仮想通貨ビジネスに参入するかどうか、

そしてそれがQONECTと関わりがあるものなのか、はっきりと確定していませんが、

少なくとも、僕自身や仮想通貨に詳しい周囲にもそうした話題が流れていることから、


“火の無いところに煙は立たぬ”


の通り、「そういうことなのだな〜」と個人的に思っていますw



近々、本田圭佑自らの公式発表?もあるとの噂も聞いていますが、

果たして??


噂通り、それが本当であれば、

かなりの買い込み殺到と価格高騰が予想できますね。



価値を向上させていくためのマーケティングプラン




QONECTアプリの仕掛け人は、

超有名広告代理店とポータルサイトを手がける大手IT企業などの

ビッグチームで構成されているみたいです。



水面下でQONECTアプリを普及させるための

マーケティング計画も進行中で、


①250 万人の Web ユーザーへのアプローチ
→QONECT の各ビジネスパートナーがこれまでに Web マーケティングで獲得してきた 250 万にのぼるコミュニティやメルマガ等のユーザーに向けて訴求


②大手、中堅の情報発信やコミュニティを中心としたプラットフォーム事業者との連携
→大手、中堅の情報発信やコミュニティを中心としたプラットフォーム事業者との連携 Yahoo!、Ameba、OKWAVE、等に代表される、情報発信やコミュニティを軸とする各 プラットフォーム事業者とのアライアンス体制を構築


③飲食、旅行、美容、人材等、各分野の主要メディアへの導入提案
→レコメンドとアトリビューションの効果が高い分野を中心に、Web メディアや紙媒体へ の QONECT の導入


④M&A によるビジネスパートナーの獲得
→特に、中堅の ASP(Affiliate Service Provider)事業者や関連する IT 企業を中心に戦略 的な M&A を行い、顧客基盤の早期拡充と事業基盤の抜本的強化


⑤マルチプロモーション戦略の推進
→Web 広告や YouTube 等での動画配信、拡散、Web IT 系メディアへの掲載、TV CM、 公共機関での中吊り広告、有名タレントを起用したイメージアップなど



3年後に1000万ユーザーの利用を目標に

ターゲットも選定しながら積極的に拡大していくようですね。





QONECTトークンによる資金調達の内訳を見ても、


■発行枚数(単位:QON)

総発行枚数 : 1,000,000,000 枚
プレセール : 150,000,000 枚(15%)
プール(ロックアップ) : 600,000,000 枚(60%)
コミュニティマーケティング: 100,000,000 枚(10%)
マネジメントインセンティブ: 150,000,000 枚(15%)







■資金使途

事業開発(システム、サービス、決済資金):40%
セールス、マーケティング :40%
オペレーティング :10%
コミッティー、アドバイザー :10%






上記のように、主にシステム開発、サービス構築等の事業開発と、

ロ ーンチしたサービスの認知向上、顧客獲得、利用拡大を目的とした

セールス、マーケティ ング業務に活用していきます。



原資のほとんどが、そうした開発、サービス普及に企てられていますので

事業としての成長が期待できますし、

報酬支払いなどに消えて投資資金が目減りすることもないので安心ですね。



プレセールで参加をするためには。




今後のQONECTの販売スケジュールとしては、


・プレプレセールス期間(2月末まで)
1トークンあたり0.01ドル+8%程度の事務手数料

・プレセールス期間(5月中)
6月以降は海外にてプレセールス予定。

・上場期間(8~9月上場予定)



※発行枚数に到達した時点で販売を終了します。











現在はプレプレセール期間中ですが、

日本初の金融庁認可の企業が行うICOというのと、

ビッグイベントがこれから待ち構えているため、2月末には完売しそうです。


ちなみに30億円の枠のうち、残り10億円しか残ってないみたいです。


具体的な購入方法や質問相談を下記の LINE@で行わせていただきますので、

「@wvq5639z」で検索して友だち追加をお願いします。


完全身内でしか買えない案件であるため、

必ずライン@を登録してください。





友だち追加



0.5BTCより参加可能で、

それ以下の金額でプレプレセールの価格で購入したい方は

個別メッセージください。



それでは、またQONECTに関して新情報が入り次第、

ご連絡させていただきますね。


こちらからQONECT公式の概要やホワイトペーパーを読む


気になることがあればこちらからご連絡ください。

■連絡先→info@kille-info.com