こんにちは、Killerです。


つい先日、ジャンボ伊藤と名乗る方の無料オファーについて

取り上げさせていただきましたが、

どうやら明日にバックエンドとなる高額塾が販売されるみたいです。

>>ジャンボ伊藤(伊藤虎太郎)の金脈のゴーグル・カンニングビジネスを全貌を暴露します!




完全無料と謳っておきながら、

30万円近い商品が突如出現するのは、

この業界によくありがちなことですが、

果たしてその価格に見合うコンテンツが提供されるのか、

そして今後どのように物販ビジネスを進めていけばいいかを中心に

今回はお話していきたいと思います。



それがジャンボ伊藤グローバル・ビジネス・アカデミー

というものになります。



ジャンボ伊藤グローバル・ビジネス・アカデミー


【商材名】ジャンボ伊藤グローバル・ビジネス・アカデミー

【販売者】伊藤虎太郎

【販売会社】株式会社ドリームパスポート

【価格】300,000円

【URL】http://kinmyaku.net/sl/gba/



この転売モデルのノウハウ的欠陥について




物販ビジネスの基本ですが、

「利益率」と「回転数」をどう意識し、

今ある資源でどう利益最大化を図るかが鍵になります。




仕入れた商品に対して、どう高く販売するかや、

その利益の出る商品をどれくらい多くの数を捌くか、

需要のある商品の、定価より安い仕入れ先をどうやって開拓するかなど

売上額を伸ばすとともに、

利益額を伸ばす仕掛けや工夫が必要になります。



当然、商品を仕入れるための資金も必要になるわけで、

その資金も限りがありますし、

自分が使える資金額に合わせた手法も取り入れるべきなんですね。




例えば、資金が5万円しかないとすると、

いきなり仕入れ資金が数万円する商品を扱うと、

売れなかったときはかなりリスクですし、

そうした「資本収益率」をきちんと考え、

「ただ売れるから」という理由だけで

身の丈に合わない商品を扱うと痛い目みますw



だからこそ、初めは身の回りの不用品を転売して、

資金を作り、その資金を元手に、

利益率が高く、仕入れ価格が安いもの、

もしくは、需要が多く、仕入れ価格が安いものを

扱うのが基本です。



小さい資金から、徐々に増やしていける

手堅い戦略を取ることが必要で、

そうしたステップアップの観点で、

このスクールのノウハウを見ていったときに、

「ただ売れ筋の商品を見つけ出します!」と言うくらいで、

どういう価格帯の商品を攻めていけばいいか、

どれくらい売れている商品を扱っていけばいいかなど

実践的な解説はまるでなしです。




こんな金脈のスコープと呼ばれる

商品リサーチツールを用いたところで、

売れ筋商品こそ分かるものの、

それらの商品が本当に利益が取れるのか謎ですし、

抽出した商品群の見極め方など

「目利き」が要求されます。



実際にその金脈のスコープを

こうして覗いてみても、

「商品数」、「売りあげ個数」、「売上高」の3項目に基づく

商品結果だけですし、



金脈のゴーグル中身


その金脈のゴーグルの抽出された商品結果で、

100%儲けが出るなんて

断言できるわけないんですね。(笑)


金脈のゴーグル謳いだし


それに、アマゾン転売の手法を取っていくなら、

下記サイトのように、「モノレート」という

アマゾンの商品ランキングや個数、価格推移を示してくれる

無料のリサーチツールで十分ですし、

仕入れ先だって、「Google画像検索」を活用していけば、

安く販売している海外サイトも見つけだすことはできます。

>>モノレートはこちら



つまり、30万円もの高いスクール代を出してまで、

金脈のスコープを手に入れる必要はないってことですね。



現金プレゼントについて




そして結構目についた箇所が、

こちらの仕入れ資金プレゼントというもの。





レター内でも、あちこちで現金プレゼントします!

と書かれていますが、

実際にいくらの現金がプレゼントされるのか不明です。



いくらあげます!ということさえ言わなければ、

潰しは利きますし、1円だろうが、数万円だろうが同じことですから、

この現金プレゼントは非常に怪しいと言えます。




通常こうした現金を謳いだす際は、

その額を提示するべきですが、

これがない以上、「現金」に釣られて購入するのは危険ですし、

これを購買の決め手にすることはナンセンスです。



経費の部分を忘れずに!




そしてノウハウ的なことになりますが、

前回もお話した通り、これは

中国サイトから仕入れてアマゾンで販売するというスキームです。



確かに中国は人件費が安く、物価も安いですから、

日本と同じ商品を比較しても、

ほとんどの商品が安く販売されている傾向にありますが、

「関税」や「送料」という経費を合わせると、

日本に到着したころは、かなり高くなっていることがあります。




モノにもよりますが、

中国サイトで500円で売られていたとしても、

その大きさや重さによっては、2~3倍ほど送料がかかることはありますし、

種類によって、関税が1000円以上取られることも。



ただ中国サイトの表記が安いからといって、

それだけをアテにすると、思った以上に利益率が悪かったり、

場合によっては赤字ということもありますので、

そこを見落とさない方が良いです。



こうした送料や関税の負担をできるだけ軽くするには、

小ロットではなく、1回の仕入れで多くの商品数を狙うことが大事ですが、

先ほどもお伝えした通り、資金があまりない初期の段階で、

大ロットを狙うのは難しいでしょうし、

1つの商品で大きな利益が取れる「穴場商品」を狙うしかないと思います。



それと根本的なお話をさせていただきますが、

目先の商品を見て、その利益を追いかけているようでは、

その商品が飽和したり、需要がなくなったりした途端稼げなくなったり、

また新しく利益が出る商品を見つけなきゃいけないなど、

長期的に継続させていくことは

僕は難しいと考えます。




大事なことは、常に商品を売れ続ける仕組みを作ったり、

集客したユーザーに対して、購買意欲を高め、

どんな商品に対しても一定数売れるような技術を用いることです。



今回の転売ビジネスのように、「価格」や「販売個数」だけで

勝負していくのは、不安定としか言いようがありませんし、

ユーザーに「買いたい」と思わせるような

ユーザー心理の側面からアプローチすることも大事です。



人は商品を購入するとき、必ずしも

価格で判断しませんし、

いろいろな要素が絡んで初めて購買へ結びつきます。



安く仕入れて高く売るという転売ビジネスは、

「価格」という基準が崩壊した途端、

急に不安定になりますし、

資金がかかる以上、赤字リスクが非常に高いのです。



そういった意味で、どんな商品であろうと

成約させていく仕組みを取り入れたり、

心理的アプローチを図っていくためには

「口コミ」と適切な「誘導」といった戦略が必要になってきます。



先日僕が当ブログで紹介した、「フュージョンメディア」を使ったノウハウでは、

購買に至るまでのプロセスを確実にして、

究極まで購入意欲を高める仕掛けや、

濃い見込み客の獲得法が施されており、

今回の転売ビジネスとは違って、

元手0で、長期的に稼ぎ続けていくための仕組みが構築できますので、

こちらに力を注いだ方が大分良いかと思います。


>>大西良幸のフュージョンメディアアカデミー(FMA)で報われる努力をしてください。



物販にも対応できますし、

利益率が極めて高い情報ビジネスとも非常に相性が良いです。



冒頭でもお話した、「利益率」と「回転数」が

ビジネスにおいては大事で、

転売ビジネスを真っ向から否定するつもりはありませんが、

今回のモデルはそれらの観点が抜けていることと、

それ以上に「割の良い」ビジネス市場とビジネス手法が

存在することは確かなので、

将来性や効率性など良く考えて、

ネットビジネスに取り組んでください。



では、今日はこの辺で!!


管理人Killerへの連絡はこちら



(お知らせ)


当ブログとは別に、僕のメルマガ講座においても、

最新のネットビジネス事情の配信、ノウハウ紹介、個別に合わせた

メール指導を行っております。



ブログには書けない限られた人にのみ公開する情報(弟子募集の話、プレゼント企画等)

もたくさんありますので、

自分の現状とか思いを下記のフォームに入力して

登録ボタンを押してみてください。



*メールアドレス
*名前
使える作業時間、気になるノウハウ、自己紹介や質問など
*メルマガ登録を決意した記事URL(より良いサイト作成を目指しているため、ご協力願います)



このメルマガ講座では、ただ僕からの一方的な発信だけでなく、

それぞれ抱える悩みだったり、ネットビジネスでつまずいてる箇所など

フィードバックして、相互交流も図っていきたいと思います。



いわば、メール指導、メルマガ発信を通したあなた独自の「Killerスクール」

を目指しており、“本物の情報のみ”をお伝えしていきます。




ネットビジネスはホントに「知ってるか知らないか」の違いだけで、

本物のテクニックを教えてる人があまりにも少ないですね、、、



僕もあなたのことを色々と知りたいし、そのキャパを超えた無茶なことを

させる気はありませんので、下記の項目に沿って

答えていただければ助かります。


1、ネットビジネスの経験年数

2、ネットビジネスに取り組める毎日の平均時間

3、ネットビジネスで現在取り組んでいるジャンルや興味のあるジャンル(アフィリエイト、転売、FXなど)

4、より効率的なツールや教材などに使える教材費用

5、ご希望の月収



先ほどのメルマガの登録フォームの項目か、

下記のメールアドレスよりお気軽にご連絡ください。

連絡はこちらをクリック