こんにちは、キラーです。


最近僕の周りでFusioncoin(フュージョンコイン)という仮想通貨が流行っているのですが、

まだどこの取引所にも上場していない、会員サイトのみで売り買いできるコインであり、

ICOすら行わないといった、少し特殊なものがありますので本日ご紹介させていただきます。



ちなみにこうして仮想通貨の記事を書いているのは売り込みのためかと思われるかもしれませんが、

僕自身フュージョンコインは少ししか買っていませんし、運営側に加担しているわけでもありません。笑



最近の仮想通貨市場が大きな暴落やICO割れを見せている中、

フュージョンコインだけその市場の影響を一切受けない独自の動きをしており、

エイダコインのように化けるポテンシャルがありますし、逆に草コインのように消えてく可能性もあります。



いつでもビットコインやリップル、法定通貨に変えられる流動性が高いコインでありながら、

元ビットコインジャパンの社長が関わる資金が潤沢にある人たちが仕掛ける案件であるため、

投資の対象としてはスリルがあるかと思います。



フュージョンコインの特徴や将来性、僕なりの見解をこれからまとめていきますね。





フュージョンコインの特徴に関して




フュージョンコインの本質的価値を簡単にいうと、発行上限枚数が2100万枚のビットコインの希少性と、

送金、決済処理に優れたリップルの機能的価値を併せ持つ通貨になります。




フュージョンコインは2017年はじめに発行された日本発祥のもので、

まずコインの価値を上げるためにビットコインと同じく、3000万枚という発行上限を設けました。


まあ、仮想通貨のほとんどは発行上限がありますので、この点は特別優れているというものではないですが。



もう一つはリップルのブリッジ通貨としての機能とIOU取引が

フュージョンコインにも実装されている点です。



ブリッジ通貨というのは、海外に送金・両替をする際に使う仲介専用の通貨を指し、

リップルの場合、世界の各銀行と提携して国際送金において余計な中間業者を挟むことなく、

手数料や送金時間を大幅に抑えることができます。


IOUは「I Owe You(私はあなたに貸しがある)」というフレーズの略で、電子借用証書の役割を持ちます。


フュージョンコインはRipple IOUとして発行されており、

僅か数秒で送金を行うこともできるし、独自の取引所でXRP、BTC、USDにすぐ交換も可能です。




スイスの銀行を買収し、フュージョンバンクの設立を目指す。




フュージョンコインの運営側は、単なる仮想通貨取引所だけではなく、

他の仮想通貨や法定通貨を同時に取り扱う銀行としての事業も目指しています。


そのためまずはスイスにある銀行との資本提携・買収を完了させ、

現在、マルタ共和国の方をメインにFusion Bankの設立を進めています。




マルタ共和国は、国をあげてのブロックチェーンハブを目指し、

最近議会でブロックチェーン技術のための枠組みを承認するほど

世界で最もブロックチェーンフレンドリーな国になっています。


そうした中、最近萬野CEOはマルタ共和国の首相 ジョセフムスカット氏と

Fusion Bank(仮想通貨と法定通貨のハイブリッドバンク)の件でプライベートミーティングをしたそうです。



その時の写真がこちら↓




そのほかにも金、銀、その他の金融商品とこのトークンが繋がり、

全てフュージョンコインは金融総合サービスの基軸通貨とするみたいです。



ただこのフュージョンバンクのプロダクトがこれからどう作られ、

フィンテック業界の市場をどの程度シェアできるかは現段階では分かりませんので、

必ずしも銀行設立=トークン価値の上昇に繋がるわけではないかと思います。




実際銀行系のトークンはフュージョンコイン以外にもたくさんあり、

代表的なものとしては「Bankera」や「Change Bank」などが挙げられます。


支払い、投資、預金を全てブロックチェーンで管理し、

法定通貨と仮想通貨の交換業を行える銀行業を行なっている通貨は以下の図になります。






これらの銀行系通貨に対し、どう戦い、どう差別化をしていくのかは今後見ものですが、

フュージョンコインの通貨としての長期性に関しては今のところ薄いですね。


フュージョンコインのレートはこれからどうなるのか?



また、現在フュージョンの売り買いのほとんどは、ネット上や全国各地のセミナーに足を運び、

購入を行なった一般投資家で占めており、まだ世界各国の取引所に上場はしておりません。



今の価格を形成しているのは、会員同士の売り買いによるものであり、

仮想通貨市場の適正価格というわけではありません。



上場直後は値段がどう推移するかは気になる部分ですが、

現段階で予定されている上場場所としては、日本人が設立しているシンガポールの取引所と

もう一つ海外の取引所みたいです。



ICOを行なっていない分、上場後の大きな売りはないと思いますが、

海外勢のお金がどれくらい流れるかも読めないですね。


買い板と売り板を見る限りでは、圧倒的に売り勢が多く、

8月23日現在の価格から1.5倍になるためには50億円近くの資金が流れないと厳しそうです。





ただ現在フュージョンコインの新規購入者はこの独自取引所の市場から買っているのではなく、

運営側が用意している「在庫」から買っていたわけで、

直接価格に影響されることはありませんでした。




この在庫による買い付けも、8月末には終了する予定で、

9月からは直接市場から購入しなければいけなくなりますが、その時価格が上昇するという見方もできるし、

逆に在庫を捌き終わった運営側がどうでるか・・も分かりません。



ちなみに在庫から買い付けが行われている現在は、フュージョンコインの紹介者にそれなりの報酬を出しており、

それが終わった途端、新規の購入者や追加購入者が出てくるかどうか、

それが価格にどう影響が出るのかは読めないですよね。




一応取引所に上場後、「CoinMarketCap」で広告を掲載して海外勢の資金流入を煽るみたいで、

萬野CEOがそれなりの資金とプライドを持ってマーケティング活動に励むようなので、

期待するのであればそこの部分だと思います。



海外サイトを調べてもフュージョンコインのことで盛り上がっているコミュニティはどこもなく、

海外勢を動かすのはこれからでしょうね。



ただ今後の価格推移としては上がるのであれば急騰するというよりも、

徐々に上がっていくというのが関係者の見方で強く、欲を出さず購入価格より少し上がった段階で売るのも

個人的には全然アリかなと考えます。



まあ、仮想通貨市場の影響を受けない独自の動きをする分、

少し持っていて面白いかもしれないし、逆に確実にいきたいのであれば

安くなっているビットコインとかリップルを買ったほうが良いというのが個人的な考えです。


ロジャーバーがアドバイザーとして就任している件



フュージョンコインのマーケティング活動の一つとして

ビットコインジーザスとして有名なロジャー・バー氏をアドバイザーに就任させていますが、

そこは特別視する必要はないです。



とにかくロジャーバーはお金さえ払えば簡単にスポンサーについてくれるようで、

ビットコインキャッシュをはじめとし、他の仮想通貨にも顧問として関わっているのが多いです。



まあ、彼の発言によって大きく相場が動くことはありますが、

ロジャー・バー氏がフュージョンコインについてポジショントークをすることはないでしょう。


ロジャーバー氏がどんな人物か分からない方は、こちらを参照してください。

ロジャー・バー氏のまとめはこちら



フュージョンコインとの向き合い方とまとめ




以上、ザックリとフュージョンコインの特徴や可能性についてお話しさせていただきましたが、

ICOとかと違い、好きな時にいつでもビットコインやリップル、現金に変えて出金できるのは安心できます。


セミナーやネット上で必ず爆上げするとか、〇〇倍になると派手に宣伝する人もいて

悪い評判もいろいろ聞きますけど、きちんとトークン自体リップルIOUで管理されていますし、

取引所自体もきちんと機能しています。



ただ変に妄信せず、何百倍を夢見るのではなく、

安い時に購入し、高くなったら欲を出さず売るという投資の原則をきちんと守ることが大切ですね。


フュージョンコインの取引所登録はこちらから



実際にフュージョンコインの市場には変なプロ集団もいるわけではないので、

トレードをするだけでも十分勝てるレベルですし、FXやビットコイン、株式のトレードに比べると難易度も低いです。


ただ買うことだけを考えるのではなく、レートを毎日確認したり、

フュージョンの運営側の動きを客観的に観察し、冷静に「売り」の部分も考え、

この銘柄と向き合っていただければと思います。


ちょうど最近は大きくレートが落ちているので、買いやすい時期にはきているかと。



まあ、現在フュージョンコインを買われている方も、これから買おうと考えている方も、

気になる部分があればいつでも相談に乗りますので、気軽にメールいただければと思います。


■連絡先→info@kille-info.com



また、不当な勧誘やトラブルなどに関する情報提供とかあれば

コメントで書き込みしていただけると幸いです。


それでは、今日はこの辺で!


 

今、コンテンツビジネスが空前のブームを迎えているのはご存知ですか?


コロナが世間を騒がせ、全世界自粛ムードに
突入し、
今オンライン教育市場が右肩上がりに伸びています。


ZOOM
などのオンライン会議を通じて、ヨガ、英会話、ダンス、占い、ダイエット
など
いろんなサービスがWEB上で繰り広げています。


会社の打ち合わせなども、ほとんどオンライン上で行われ、
WEB上で何かを学んだり、発信したりするのに
多くのユーザーは抵抗がなくなりました。

今全世界の文化が大きく変わったわけです。


これから益々オンライン化の流れは加速するでしょうし、
在宅で組織を持たない働き方も主流になるでしょう。

これまで僕自身、いろんなネットビジネスを実践し、

・アフィリエイト
・せどり転売
・投資やトレード
・ブログ、SNS
・情報販売
PPC広告

などで過去7年以上年収1000万円以上を
稼ぎ続けているわけですが、
全ては「コンテンツビジネス」というものに集約されます。


コンテンツビジネスとは、特定の知識やノウハウ、情報をまとめ、
オンライン上で販売するビジネスのことを指しますが、

ネットで稼いでいる人たちのほとんどが、
コンテンツビジネスに取り組んでいますし、
億単位のお金を稼ぎ出す人までいます。

コンテンツを販売したり、集客するために、
ブログであったりYouTubeがあるわけだし、
アフィリエイトやDRMなどの手段があるわけです。

 

コンテンツビジネスをやってないと、
ただアドセンスなどの安い報酬単価による広告案件しかできなかったり、
いつ売れるかどうか分からない中で、ブログやSNSを更新し続けることになります。


これから僕たちがやるべきことって、
何かしら売るコンテンツ(需要のあるもの)
を用意して、
お客さんを集め、セールスすることです。


ほんとシンプルなことで、
ここから逃げると、
いつまでも非効率なやり方を
し続けることになります。

 

だからこそ、現在僕の方ではひっそりと、「コンテンツビジネスの攻略公式」を用意してて、
これまで多くの教え子をずば抜けて稼がせ続けてきました。

→噂のコンテンツビジネスの攻略公式を覗いてみる。


これにより、是非僕と同じように、

・毎日、ドロドロとした満員電車に乗って出社しなくていい。
・経済的に余裕が持てるので、値段を気にせずに買い物できる。
・取引先や上司にヘコヘコすることなく、人間関係からストレスフリーになれる。
・ノリと勢いで、その日にいきなり空港に向かい、世界中を旅行できる。
・精神的にゆとりができるので、物事がうまくいくし、異性にもモテる。
・投資などのように資産をすり減らすリスクやストレスがなくなる。
・毎日貯まっていく口座残高を見てニヤニヤすることができる。


こうした理想の未来を実現していきましょう!


では、意識の高いあなたの参加をお待ちしています!